Qetic LINE@ 01 W

AKBになるという“夢”を叶えるために候補生時代に「JR高速バス ドリーム号」を利用していたエピソードを持ち、現在はAKBグループ全メンバーを率いる“総監督”としても活躍中のタレント・歌手の横山由依が「ドリーム号アンバサダー」に起用。これに合わせて、横山さんがAKB48候補生だった時代の想いを語る動画と、横山さんによるドリーム号の体験レポート動画が公開となった。

AKB48になるという“夢”を叶えるために候補生時代に「JR高速バス ドリーム号」を利用していたエピソードを持ち、現在はAKBグループ全メンバーを率いる“総監督”としても活躍中のタレント・歌手の横山由依が「ドリーム号アンバサダー」に起用。これに合わせて、横山さんがAKB48候補生だった時代の想いを語る動画と、横山さんによるドリーム号の体験レポート動画が公開となった。

「ゆいはんのグランドリーム号体験レポート!!」篇

「横山さん、独白」篇は、「AKBになりたい、ステージに立ちたい……。」「地方から来てるからできないとか思われたくない」「何よりも自分に負けたくなくてがんばってたんやと思います」といった言葉に、横山さんの芯の強さがはっきりと見て取れる動画となっている。体験レポート動画は、元気いっぱいにドリーム号の魅力を紹介しており、途中でウィンクしたり、笑顔を見せてくれる様が大変かわいらしい動画だ。

AKB48 横山由依、候補生時代に秘めていた想いを語る!「夢のステージに立ちたい…」

また、ドリーム号アンバサダー就任にあたって、「夢」について横山由依が語るスペシャルインタビューも公開となった。

AKB48 横山由依、候補生時代に秘めていた想いを語る!「夢のステージに立ちたい…」

ーー今後、叶えていきたい夢は?

AKBの活動をしている中で、AKB48としても叶えたい目標、先輩たちを超えたい。漠然としていて、難しいんですけど、コンサートも、ドームツアーをまたやれたらいいなと思うし、たくさんの人にもっと愛されるグループにしたいなっていう夢があります。

AKBの活動でコントとかドラマとか色々出させてもらっている中で、お芝居というか、女優業にも興味が出てきて、将来は歌える女優になりたいという夢が自分の中ではあります。

ーー地方から通っていたことについて、秋元康さんから何か声を掛けられたことは?

雑誌のインタビューとかでお話した時に、『横山はそうやってがんばってきたんだね。そういう時があってよかったね』というのは、褒めてくれるというか。本当にご飯とか、最近行っても、『でも横山は夜行バスで来たもんな』みたいな。人に紹介してくださるときも、『京都から夜行バスで通ってた子ですよ』という風に言ってくれたりとか、そこはすごく秋元先生の心にも残っているところなのかなとは思いますね。

AKB48 横山由依、候補生時代に秘めていた想いを語る!「夢のステージに立ちたい…」

ーー芸能界に入ってから一番辛かったことと、一番嬉しかったことは?

グループの総監督になるってなったときに、先輩もいて、後輩もいて、大人数の女の子の中で人をまとめるということの大変さと、それを、たかみな(高橋みなみ)さんっていう先輩が、どれだけいろんなことを一人でやってくれてたかっていうのを感じて、自分の無力さにすごく悩んだ一年だったんですけど。

『私はこれだけ考えてできなくて無力で』というのを後輩に吐き出した時に、手を差し伸べてくれたメンバーとスタッフとファンの方がいたことが、一番嬉しくて。この一年で、辛いことと嬉しいことが一気に来たというか。

AKB48 横山由依、候補生時代に秘めていた想いを語る!「夢のステージに立ちたい…」

詳細はこちら

林 大貴

Qetic編集部

牡羊座、AB型。某レコードショップ勤務後、Qeticにて編集&ライターを担当。音楽と角打ちに興味あり。  

Qeticの最新情報をチェック!

友だち追加数