MUSIC

【レポート】クリストファー・チュウ(POP ETC)、Galileo Galileiとソロアコースティックライブで初共演

124

2013.11.15(FRI)@ 原宿VACANT
TOKYO ETC – Christopher Chu(POP ETC)VOL.T
Special Guest:Galileo Galilei

POP ETCのクリストファー・チュウ(以下、クリス)が馴染み深い日本に滞在、生活する中で生まれた新曲をいち早く披露する3ヶ月連続企画の第2回目のライブ。今回はクリスがアルバムの共同プロデューサーとして参加し、交流を深めるGalileo Galilei(以下、ガリレオ)がゲストで登場することも互いのファンのあいだで話題の一夜だ。

リラックスしつつも間近でクリスの歌に触れられる高揚感が場を満たすなか、静かに登場した彼は、アコースティックギターを膝に置き、冒頭からア・カペラで“Speak Up”を歌い始める。情報として聴いてはいたものの、実際にオフマイクでもその声の表現は非常に豊かで、特に小さな声の中にある抑揚が素晴らしい。音源ではあらゆるジャンルを越境するクリスだが、シンガーソングライターとしての地力に圧倒される。できたての新曲も含め、セットリストは彼の頭の中にしかないので、しばし思いを巡らせてはザ・モーニング・ベンダーズの“Promises”やPOP ETCの“Halfway To Heaven”などのレパートリーを歌とギターだけで今だけの情景や温度を変えていく。時には客席にいたエリ嬢(クリスのガールフレンド)を招いてビートルズの“If I Fell”をデュエットを聴かせたり、まるでリヴィングで歌うさまを見るような親密さと彼らが歌うだけで広がる音楽の豊かさに魅了される。ポール・サイモンのカバーや、その場でファンのリクエストに応えたりしながら約1時間のソロセットが終了した。

[twocol_one][/twocol_one]
[twocol_one_last][/twocol_one_last]

その後、ガリレオとのコラボの前に、アルバム制作の思い出やみんなで酔っ払って外で歌ったこと、クリスが音楽制作やライブに必要な日本語をほぼ習得したことで、この日のリハは通訳なしで進めたことなどをトークセッションで披露してくれた。このときばかりはマイクが必要だったというのも不思議な光景だったが・・・。このコラボのために札幌から上京したガリレオの3人はいよいよ演奏となると緊張の面持ち。尾崎雄貴はアコギ、佐孝仁司はエレキベース、尾崎和樹はシーケンサーとタンバリン、シェイカーの鳴り物という構成で、セッションももちろんオフマイクだ。1曲目はまずガリレオの“愛を”。アコギセッションではなかなかに難易度の高いはねるリズムをクリス、雄貴ふたりの小気味良いカッティングで生み出し、なんのエフェクトもなしに届けるのがこれまた難しいメロディもサビに向かうと力強さが増していく。サビの「愛を~!」という歌詞ではクリスもコーラスをつける。ファンも彼の日本語カバーで知っているのか演奏後にはやんやの拍手が起こる。続いてはPOP ETCの“Keep It For Your Own”。無類のファンであるガリレオもオリジナルとは違うシンプルなアレンジで、レコーディングの合間に彼らが深めたミュージシャンシップを想起させる、息のあったプレイだった。交互に次はガリレオの“Birthday”。小さく鳴らすのがむしろ難しそうなベースだが、佐孝はそれでもしっかり聴かせてくれた。原曲とは違う素朴なアレンジで届けたPOP ETCの“Back To Your Heart”ではそれがむしろクリスのメロディと歌の強さを印象づけ、ラストは「みんなもうたって」とクリスがうながし、ザ・モーニング・ベンダーズの“Excuse”で会場が温かな一体感に包まれた。

さて、無計画でアンコールに登場した4人。何を演奏するか「ああでもない、こうでもない」としばし悩んだ挙句、クリスがあるリフを刻み始める。「おうおう、そうだね!」といった按配で3人が応え、なんと4人の一致点はザ・ストロークスの“Last Nite”! 決め事のないラフなセッションで大いに楽しませてくれた彼らのパーソナリティ、国を超えたセンスの共振は、たがいのファンにとっても新しい発見が大いにあったはずだ。

text by Yuka Ishizumi



Event Information

TOKYO ETC – Christopher Chu(POP ETC)Solo Acoustic Live VOL.C
2013.12.13(金)@VACANT
OPEN 19:00/START 19:30
LINE UP:Christopher Chu (POP ETC)
ADV ¥4,000/DOOR ¥4,500

Galileo Galilei“ALARMS TOUR 2013”
2013.11.29(金)@福岡BEAT STATION
2013.12.04(水)@名古屋ElectricLadyLand
2013.12.06(金)@渋谷O-EAST
2013.12.13(金)@大阪AKASO
2013.12.21(土)@札幌ペニーレーン24


Release Information

2013.10.09 on sale!
Artist:Galileo Galilei
Title: ALARMS(初回生産限定盤:CD+DVD)
SME
SECL-1393〜1394
¥3,500(tax incl.)
※“サークルゲーム”のミュージックビデオを収録したDVD付/三方背スリーブケース付

2013.10.09 on sale!
Artist:Galileo Galilei
Title: ALARMS(通常版)
SME
SECL-1395
¥3,059(tax incl.)

Now on sale!
Artist:POP ETC(ポップ・エトセトラ)
Title:POP ETC(ポップ・エトセトラ)
ROUGH TRADE / HOSTESS
BGJ-10149
¥2,490(tax incl.)
※日本流通盤はボーナストラック5曲、ライナーノーツ、歌詞対訳付

Qetic編集部

編集部

Qetic(けてぃっく)は、国内外の最新カルチャーニュースを配信中!今、世界で話題となっている音楽や映画、ファッション情報からネットを騒がすゴシップまで、あらゆる世代の興味を沸かせる情報をお届けしつつ、時代に口髭を生やすニュースメディアです。 ただいま、編集アシスタント・ライター・カメラマン募集中!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Qeticの最新情報をお届けします。