I Don’t Like Mondays.
MUSIC

肉食系エレガントバンド、I Don’t Like Mondays. 超満員の観客を魅了!

17

I Don’t Like Mondays.
2016.03.12(土)@渋谷クラブ・クアトロ

I Don’t Like Mondays.(アイ・ドント・ライク・マンデイズ)が自身2度目となるワンマンライブ<TOKYO 2016>を12日、渋谷クラブ・クアトロで開催した。昨年10月渋谷WWWにて行った初のワンマン<TOKYO 2015>に続き、今回もチケットは即日ソールド・アウト。超満員の800名がメンバーの登場を待ちわびる中、力強いアカペラのイントロによる“MEMORIES”でライヴがスタート! 初期のアンセムともいえるシンガロング・スタイルの代表曲に続けて“Don’t Stop Your Music”“Star Drive”そして“FIRE”と、彼らの十八番であるダンス・ナンバーを立て続けに繰り出す。クアトロという空間を忘れさせてしまうような舞台セットが近未来の世界へとファンを導いていく。揃いのタキシードに身を包んだ悠(Vo)、兆志(G)、謙二(B)、秋気(Dr)の4人によるワイルド&ジェントルなエスコートに会場の熱気は早くも最高潮!

I Don’t Like Mondays.

悠のMCから披露された最新シングル曲“Sorry”では悠が突如客席に現れた「彼女」(MVに出演したモデルYUAN)からの銃弾に倒れるという、話題のMVさながらの演出でファンを湧かせた。

完璧なコーラス・ワークを聴かせたアカペラ映像による“BANG!!”を挟んでのアコースティックセットは客席全体に広がる電飾により、一転してアットホームな雰囲気に。各メンバーがそれぞれ教師役となり、観客が学校の生徒という設定で行ったメンバー紹介、そして生徒からの質問コーナーで爆笑を巻き起こしたかと思うと、秋気の軽快なカホンのリズムによるイントロからファレル・ウィリアムス“Happy”のカバーを披露。メンバーが退き、悠ソロの弾き語りでAlbum『TOKYO』から“LOVE YOURSELF”、続けてジャスティン・ビーバーの同名曲カバーを披露し、観客を湧かせた。

I Don’t Like Mondays.

I Don’t Like Mondays.

次ページ:観客からの大合唱に応えてアンコールへ!

Qetic編集部

編集部

Qetic(けてぃっく)は、国内外の最新カルチャーニュースを配信中!今、世界で話題となっている音楽や映画、ファッション情報からネットを騒がすゴシップまで、あらゆる世代の興味を沸かせる情報をお届けしつつ、時代に口髭を生やすニュースメディアです。 ただいま、編集アシスタント・ライター・カメラマン募集中!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Qeticの最新情報をお届けします。