2016年1月7日から2月26日の<ブラック・ヒストリー・マンス(黒人歴史月間)>を記念し、「マイケル・ジャクソン・エステート」と「ソニー・レガシー・レコーディングズ」は、マイケル・ジャクソンが1979年に発表した革命的アルバム『オフ・ザ・ウォール』の2枚組デラックス・エディション(CD+DVD/BD)が2月26日(金)に発売されることを明らかにした(国内盤は3月上旬リリース予定)。

同作は、リマスターされたオリジナル・アルバムと、スパイク・リー監督による最新ドキュメンタリー・フィルム『マイケル・ジャクソンの旅:fromモータウンtoオフ・ザ・ウォール』がセットとなったもの。本ドキュメンタリーは2016年1月24日(日)にサンダンス映画祭でワールド・プレミア(世界初上映)が行われ、テレビ初放送は2月5日(金)午後9時(US東部/西部時間)、SHOWTIMEチャンネルのオンデマンドとインターネットを通じての放送となる。SHOWTIMEでの放送後には順次世界各国で放送の予定となっている。

マイケル・ジャクソン『オフ・ザ・ウォール』の重要性は語り尽くせない。弱冠20歳のマイケルが、唯一無二の影響力を持つ音楽スターとして、そして他に類を見ない先進的・独創的なクリエイターとしてその地位を確実なものにしたのがこのアルバムだった。ブラック・アーティストとしてあらゆるレコード・セールス記録を打ち破り、(ラジオ)エアプレイ、チャート、マーケティング、シーンのトレンドといった全てにおいてR&Bとポップ・ミュージックがクロス・オーバーする、ポップ・ミュージック史上空前の“興奮の新時代”、その扉をこじ開けたのがこの作品だった。ローリング・ストーン誌の言葉を借りれば「現代のポップ・ミュージックを形作った」のがこのアルバムだったのだ。同時代の黒人アーティストにとって、マイケルは輝くインスピレーションの源泉となった。 

マイケル・ジャクソン

アメリカの黒人社会にとって、『オフ・ザ・ウォール』は“音楽とエンタティメント”の集大成だった。アメリカ国内で、そして世界でこのアルバムが成し遂げた成功は、1970年代の終わりとはいえ、未だに黒人社会にとっては夢のような現象だったのであり、彼らが黒人文化に心から誇りを持つ大きなきっかけとなった。『オフ・ザ・ウォール』の影響力はすさまじく、ビヨンセ、ファレル・ウィリアムス、ケンドリック・ラマー、ザ・ウィークエンドといった21世紀のスーパースター達は、みんなこのマイケルのアルバムの中に自分たちの未来の青写真を見ていたと言っても過言ではない。

Michael Jackson – Don’t Stop ‘Til You Get Enough

次ページ:『オフ・ザ・ウォール』は音楽史上もっとも売れたアルバムの一つとして金字塔を打ち建てている。

Qetic編集部

編集部

Qetic(けてぃっく)は、国内外の最新カルチャーニュースを配信中!今、世界で話題となっている音楽や映画、ファッション情報からネットを騒がすゴシップまで、あらゆる世代の興味を沸かせる情報をお届けしつつ、時代に口髭を生やすニュースメディアです。 ただいま、編集アシスタント・ライター・カメラマン募集中!!

Qeticの最新情報をチェック!

友だち追加数