rock star hotel
LIFE&FASHION

【泊まってみた】大阪に突如誕生したロックアートなコンセプト・ホテル「rock star hotel」を体験レポ!!

266

「Don’t Stop The Music」なコダワリの演出

ROCK STAR HOTEL

ROCK STAR HOTEL

想像以上に広く快適なスタンダードシングルには、デスクや液晶TVの他に冷蔵庫、セーフティーボックス、シャワールーム、アメニティセット、Wi-Fiなど必要最低限の設備が整っていましたが、やはり注目すべきは「ロック」を感じるインテリア・デザイン。部屋ごとにモチーフが異なる壁面のロック・アートは大阪在中の新進気鋭アーティストbuggy氏によるもので、そのアートと同じステッカーがプレゼントされたり(全種類コンプリートしたくなる!)、iPod/iPhoneの音楽を高音質で楽しめるようスイスのGENEVA(ジェネバ)製スピーカーを搭載していたり、ヘッド・ボードに設置された照明のコントロール・パネルがギター・アンプのようなルックスだったりで、思わずニンマリしてしまいました。さすが大阪、芸が細かい。

ROCK STAR HOTEL

ROCK STAR HOTEL

また、全フロアの廊下のモニターで24時間ライヴ映像が流されていて、フロントからエレベーター、あるいは各部屋に至るまで徹底して「Don’t Stop The Music」な演出には、オーナーの並々ならぬコダワリを感じられるでしょう。たまたま空き部屋だったので見せてもらえたジュニアスイートとスイート(ワンフロア1室で専用DJブース付き)には、デラックスなソファや猫足バスタブ(!)も完備。ちなみに寝具は、スタンダードも含めすべて信頼と品質の米・シモンズ社のマットレスでした。

日本のランドマークを目指して

ROCK STAR HOTEL

ROCK STAR HOTEL

「ロック」を感じるのはエントランスや部屋だけではありません。ブランチやティータイムに最適な2Fの「CAFE MADONNNA」は、グッド・ミュージックと共にスタッフや他の宿泊客とのアート談義に花が咲くこと請け合いですし、深夜2:00まで営業の最上階「roof top BAR」に足を踏み入れれば、まるで自分自身がロック・スターになったかのようなラグジュアリー気分で、美味しい食事とアルコールを楽しむことができます。いずれも屋外エリアが併設されているため、結婚式の二次会やパーティーで大活躍してくれそう。

驚くべきことに、「rock star hotel」はもともと雑居ビルに過ぎなかった物件を、フル・リノベーションで生まれ変わらせた挑戦的なプロジェクトでもあったようです。愛着のある物件に新たな息吹をもたらすリノベーションは昨今のトレンドですし、高級ホテルとビジネスホテルのちょうど“真ん中”にターゲットを絞った宿泊施設という着眼点も素晴らしく、これからの時代をリードする存在として大いに期待が持てます。

あらゆるアート・カルチャーが出会う場所。かつてNYのチェルシー・ホテルがそうだったように、「rock star hotel」もまた、大阪……もとい日本のランドマークとして、多くの人々から愛されることでしょう。

(text & photo by Kohei Ueno)

rock star hotel

住所:〒550-0011 大阪府大阪市西区阿波座1-4-11
電話番号: 06-6538-6909


Kohei UENO

ライター

Qeticの準スターティングメンバーとも噂されるライター。週末はライヴハウスよりも映画館にいることが多いかも。グランジとヒップホップと女性SSWと麻婆豆腐が大好物。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Qeticの最新情報をお届けします。