plan01_brianeno_20170111

「明らかに違うんだけど……」 ちょっと間をおいた後、懐かしそうに振り返る阿部寛さん。俳優デビューから約30年のキャリアで大きく変わったこと。

「明らかに違うんだけど……」

ちょっと間をおいた後、懐かしそうに振り返るさん。俳優デビューから約30年のキャリアで大きく変わったこと。

「パッと思い浮かぶのは、駆け出しの頃は演技を習ってきたわけではないので、セリフが魅力的であればそれでいいなと思っていて。だけど、それも1、2年すると行き詰まってくるわけですね、それでは続かないだろうと。それで、“こだわり”ってなんだろうって思い始めて、こだわっている人を見るようにしました。現場での興味はすごかったですね」

こだわり……阿部さんの俳優人生を支える上でとっても大切なこと。最新映画『疾風ロンド』で、ちょっと頼りない真面目な研究員・栗林を巧みに演じる阿部さんは、様々な役者のこだわりを研究し、自分に取り入れてきた。でも一見すると、こだわりを持っている人ってちょっと敬遠されがち……。ファッションへのこだわり、髪型へのこだわり、音楽へのこだわり、演じることへのこだわり。若い俳優さんに囲まれ、役作りをする阿部さんの姿ってどんな風に見えたんだろう。

「たぶん滑稽に見えたでしょうね(笑)。僕がそれが分かるようになったのは、30いくつのときだから。彼らからしたら、何やってんだろうと見えるかもしれない。それも一つの狙いではあるんだけど。」

【インタビュー】NEW MOVIEのあの人。阿部寛、映画『疾風ロンド』

監督は、『サラリーマンNEO』で独特の世界観を描き出した吉田照幸さん。阿部さん自身も『サラリーマンNEO』の大ファン。吉田監督はガッチリした自分の世界観を持っていて、こうしましょう、あーしましょうと、演出方法を指示する人だと思っていた……が物腰優しく、ずっと見ながら一緒に芝居を作っていく監督で意外だったそう。予想を覆された阿部さんは、栗林を演じる難しさを味わった。さらに、「お互いの個性が噛み合ってない面白さができた」と話すように、若い共演者さんも予想とはちょっと違っていた。

「本読みしたときに、みんなものすごいテンポで来ると思っていたんです。そうしたら、大倉(忠義)くんはソフトな感じで自分の独特な世界観を持っていて、(大島)優子さんは優子さんの世界観で台本を読み込んで来られていたので、『あっ、こういう感じで来るんだ』と思いました。本読みの印象が、自分の中にあった撮影前の印象を変えさせてくれました。それから現場に入り演じていくうちに、お互いの個性の噛み合いが微妙にずれていて、その微妙にずれていることが面白く、これこそ監督の目指している“お互いの個性が噛み合っていない面白さ”だと気づきました。」

次ページ:生瀬(勝久)さんが持っているものは全部盗もうと思って(笑)

Yoshito Seino

クリエイティブライター/ローカライゼーション・スペシャリスト

1985年生まれ。幼少期から映画を見始め、これまでロンドン、カンヌ、香港、東京国際映画祭等で取材。​​​言葉を通じて、映画の良さを伝えることに関心あり​。​最近はもっと違った自分を発見したいと思い、写真を撮られたり(モデル!?)してます​。​

Qeticの最新情報をチェック!

友だち追加数