Qetic LINE@ 01 W

ササノマリイがmysoundにて音作りで影響を受けた楽曲プレイリストを公開。11月30日にメジャー・デビュー・シングル『タカラバコ』をリリース。表題曲はTVアニメ『夏目友人帳 伍』のOP曲としても話題。

テーマに沿ってアーティストのお気に入りの楽曲を選んでもらうことで、その人のパーソナルな音楽体験を紐解いていくプレイリスト企画。今回は11月30日にメジャー・デビュー・シングル『タカラバコ』をリリースしたササノマリイのご登場です。最新作『タカラバコ』は、これまでの彼の音楽性を踏襲しつつも、よりポップスとしての強度が増した傑作に。TVアニメ『夏目友人帳 伍』のOP曲としても話題の表題曲はこれまでのササノマリイの作品になかったタイプの真っすぐで清々しいポップチューン。カップリングの2曲も必聴の名曲です。邦楽洋楽年代を問わず、さらにはアニメやゲーム音楽にまで通じている彼の音楽性の秘密を探るべく、「音作りで影響を受けた楽曲」というテーマで10曲を選んでいただきました。

Interview:ササノマリイ

ササノマリイ“こういう音はどうやったら出せるのかと研究しました”

——今回は「音作りで影響を受けた楽曲」というテーマで選んでいただきました。いかがでしたか?

絞って絞っての10曲。かなり厳選しました。小さな頃から家のテレビのイヤホンにステレオケーブルを刺して、気に入ったアニメの曲をカセットにダビングしていたくらいなので、プレイリストを作るのは大好きです。今回も楽しかったです。

——さっそくですが、1曲目はbermei.inazawaさんとAnnabelさんによるユニット、anNinaの“Transcript Lover”ですね。この曲を選んだ理由は?

bermeiさんは『ビートマニア』で彼の存在を知って以来、ずっと尊敬して、目標にしている存在です。この曲は展開がめまぐるしく変わったり、管楽器、弦楽器、パーカッション等、様々な楽器や音が詰め込まれているにも関わらず、お互いがまったく邪魔し合っていないんです。職人技ですね。

anNina – “Transcript Lover”

——次はMassive Attackの“Teardrop”。Cocteau TwinsのElizabeth Fraserによるヴォーカルも美しい『Mezzanine』収録の名曲です。

真っ暗な絶望の中にある一筋の光のような曲。靄がかかったようなダークで退廃的なサウンドだけど、神々しさというか、ある種の崇高さがある。この曲に出会ったときはまだサンプリングの概念も知らず、こういう音はどうやったら出せるのかと研究しました。

Massive Attack – “Teardrop”

——次は新居昭乃さんの“覚醒都市”。“Teardrop”から続けて聴くと、何か通じるものも感じました。

はい(笑)。はじめて聴いたのは小4くらい。テレビを付けたら、TVアニメ『東京アンダーグラウンド』のエンディングでこの曲が流れていて、強烈に惹き込まれました。新居さんの歌詞も好き。素朴な言葉で、しかしとても繊細で純真であって、音と溶け合っていつも素敵な風景を見せてくれる。ひとりで聴きたい曲ですね。

新居昭乃 – “覚醒都市”

——次はDaft Punk。ヒット曲をたくさん持つ彼らの作品の中からこの曲を選んだ理由は?

僕が知ってるDaft Punkの曲の中で最もメロディが美しい曲。彼らってフロア向けのトラックとかそういうことを全く無視して、純粋に綺麗なメロディのポップ・ソングを作る時があって。そういうときのDaft Punkの曲がたまらなく好きです。この曲はその代表。Daft Punk流の王道ポップ・ソングです。

Daft Punk – “Digital Love”

——次はCAPSULE の“テレポテーション”です。

中田ヤスタカさん、つまり男性が作っているのに、不思議と音やリズムの節々に「女の子」を感じるんです。この曲は女の子が何かを求めて手を伸ばしながら歌っている感じがして。それを歌詞だけが説明するのではなく、サウンドでも表現しているところがすごいと思います。

CAPSULE – “テレポテーション”

——そしてサカナクションの“グッドバイ”ですね。

彼らはバンドだけどバンドではないと思っていて(笑)。世の多くのバンドがこだわる部分ではない部分にこだわっていて、そこが独創的だし、面白いです。この曲は他の代表曲と比べ、音の隙間が多く、異質な感じの曲。でも実は彼らの根底はこういう感じなのかなとも思います。全力で泣かせにきてますよね。大好きなので、影響受けているとか本当はあまり言いたくないんですけれど(笑)。

サカナクション – “グッドバイ”

ササノマリイの「音作りで影響を受けた楽曲プレイリスト」をチェック!

続きをmysoundで読む!

RELEASE INFORMATION

『タカラバコ』

2016.11.30(水)
ササノマリイ
SMAR
¥1,620(tax incl.)


詳細はこちら

加藤直宏

編集者/ライター

岩手県盛岡市(旧・都南村)出身。1976年生まれ。1990年代末、大学在学中に雑誌『ele-king』の編集部に在籍し、編集者/ライターとしてのキャリアをスタートさせる。『ele-king』休刊の後、雑誌『remix』の編集部、音楽配信サイトのエディターを経て、フリーに転身し、さまざまな音楽メディアに寄稿、編集者として関わる。現在は音楽関係の会社に勤務しながら、執筆活動もおこなっている。

Qeticの最新情報をチェック!

友だち追加数