INTERVIEW

48
photo by Mayuko Yamaguchi
Qetic LINE@ 01 B

『もしも僕らがGAMEの主役で/ダイスキ with TeddyLoid/BANG!』をリリースしたDAOKOさんのルーツをプレイリストで辿ります。

様々なアーティストにテーマに沿ったお気に入りの楽曲を選んでもらうことで、その人のルーツや音楽との思い出を紐解いていくプレイリスト企画。今回は9月14日(水)にトリプルA面シングル『もしも僕らがGAMEの主役で/ダイスキ with TeddyLoid/BANG!』をリリースするインターネット/SNS世代の女性ラップシンガー、DAOKOさんの登場です。

顔出しを解禁してリリースされた昨年10月の“ShibuyaK/さみしいかみさま”に続く2ndシングルとなる今回は、ORESAMAの小島英也、TeddyLoid、岩崎太整といった注目のクリエイターが参加したトラックに、メジャー・デビュー以降芽生えた「観客とのコミュニケーション」を重視した、新たなDAOKOワールドを広げています。今回はそんなDAOKOさんに、「自分のルーツになった楽曲」を10曲選んでもらいました。

–“BANG!”

Interview:

“高校1年生の時にインディー・レーベルに入ってから、より能動的に音楽を聴くようになったんです”

【インタビュー】DAOKOのルーツがわかるプレイリスト

――DAOKOさんの小さい頃の音楽との思い出というと、どんなことを覚えていますか?

父が音楽好きで、小さい頃車でどこかに行くときに色んな音楽がかかっていたのを覚えています。私が最も尊敬するアーティストである椎名林檎さんも、幼稚園の頃チャイルドシートに乗りながら聴いていたのが最初でした。小学校の頃はJ-POPのヒット・チャートに入っているものを聴くような子供で、中学校に入った頃にニコニコ動画に触れてから自分もラップを始めるようになって、 HIPHOPに出会って。高校1年生の時にインディー・レーベルに入ってから、より能動的に音楽を聴くようになったんです。

――学生時代、プレイリストを友達と交換することもありましたか?

中学生の時に友達がiTunesでプレイリストを作ってくれたり、私もCD-Rを焼いて渡したりしたことはありました。友達はJ-POPの選曲だったり、アヴリル・ラヴィーンだったり、あとは邦楽ロックの選曲も多かったです。エレファントカシマシが入っていたように記憶しています。

――今回は「DAOKOさんのルーツが分かるもの」というテーマでプレイリストを選んでもらいました。1曲目は椎名林檎さんの“ここでキスして。”。DAOKOさんと椎名林檎さんは同じではないにしても、やっぱりすごく似ている部分があると思います。

実際、憧れの存在なので意識したんです。最初は。でも、わかっていたことだけどやっぱり椎名林檎さんにはなれなくて。だから、私は私でいいと思うんです。椎名林檎さんの曲はDNAに組み込まれていると思うんです。この曲は当時のインタビューで「瞬間を切り取った曲です」とお話しされていて、本当にそうで。節々のワードから情景や人物像が想像できる歌詞になっているんです。次のシュガー・ベイブも、知ったのは父の影響でした。父はカルチャーに熱心で、博識だし、趣味も近いフィールドなので、父の存在は大きいですね。シュガー・ベイブは今聴いても古く感じないのがすごいと思うんです。晴れの日にも雨の日にも合うし、「この普遍性って、一体何なんだろう?」って思います。

椎名林檎 – “ここでキスして”

シュガー・ベイブ – “今日はなんだか”

――次のCAPSULEの“東京喫茶”は、今のエレクトロニックな音楽性ではない時期の曲です。ピチカートファイヴの“東京は夜の7時”へのオマージュが感じられる曲ですね。

これも中田ヤスタカさんが好きな父に教えて貰って。渋谷系に近いことをやっていた時期ですよね。今回は中田さんの曲の中でもあえてこの曲を選んでみました。CAPSULEもこういう曲をやっていたことって、知らない人も多いと思って。次の星野源さんはファーストの曲で、自分から能動的に知った曲ですね。私は初期の頃から「シンプルだけど鋭利に心に刺さる歌詞を書く方だな」と思いつつ好きで聴いていたんです。最新アルバム『YELLOW DANCER』も最高に好きです。ブラック・ミュージックの要素が沢山詰まっていて音楽的にも高度なテクニックが満載なのに、チャートの1位を飾って、同じ音楽をやっている私にとって希望の光なんです。

CAPSULE – “東京喫茶”

星野源– “湯気”

――フィッシュマンズの“いかれたBaby”はどうですか?

知った当時は「チルな雰囲気で落ち着くな」と思っていたけれど、ダブを知った上で聴くとまた違った魅力が感じられ知れば知る程奥深い曲です。私は青が好きでイメージカラーにしていますけど、“ナイトクルージング”しかり、フィッシュマンズさんも青のイメージがあると思うんです。UAさんの“ミルクティー”は、好きだった人がカラオケで歌っていて知った曲。それが頭から離れなくて、帰って調べたんです。この曲も、ダブやレゲエが血として組み込まれていますよね。それに曲自体はループ・ミュージックなのに飽きずにずっと聴ける音楽は、自分の曲でも発明したいと思ってます。

Fishmans – “いかれたBaby”

UA – “ミルクティー”

――なるほど。次のDNCEは急に15年~16年の海外のヒット曲になっていますね。

急に新しくなりました(笑)。自分のルーツも更新されてきているので、最近の音楽も入れてみようと思いました。今流行りの音色も取り入れながら、リフはファンキーで、バンド・サウンドに打ち込みの要素も入っていて、新しい最高にポップなダンスチューンの発明だ!と、最初に聴いた時は衝撃を受けました。最近、ポップスが巧妙かつ一番高度なテクニックが詰まっている濃密な音楽だと気付いて、USヒット・チャートもよくチェックしているんです。自分自身もJ-POPがやりたいと思うようになりましたし、聴く音楽も変わってきていますね。フィフス・ハーモニーの“Work from Home”は、(トラップの要素が入っているのに)何億回も再生されていてすごいですよね。この曲はトーンも好き。冷たい雰囲気でありつつも、爽やかに抜け切るような感覚が新しいPOPSの形を体現していると思います。

DNCE – “Cake By The Ocean”

Fifth Harmony – “ワーク・フロム・ホーム feat. タイ・ダラー・サイン”

その他、DAOKOの意外なルーツがわかる楽曲とは!?

【インタビュー】DAOKOのルーツがわかるプレイリスト

続きをmysoundで読む!

EVENT INFORMATION

DAOKO 2016 <“青色主義” TOUR>

2016.09.22(木)
OPEN 16:00/START 17:00
赤坂BLITZ
DOOR ¥3,800

2016.10.01(土)
OPEN 18:30/START 19:00
West Bridge Live Hall(韓国ソウルマポ区ワウサンロ 25 ギル 6)
DOOR 55000won

2016.10.02(日)
OPEN 16:00/START 17:00
West Bridge Live Hall(韓国ソウルマポ区ワウサンロ 25 ギル 6)
DOOR 55000won

詳細はこちら

photo by Mayuko Yamaguchi

杉山仁

ライター

乙女座B型。07年より音楽ライターとして活動を始め、Hard To Explain~CROSSBEAT編集部を経て、現在はフリーランスのライターとして活動中。2015年より、音楽サイト『CARELESS CRITIC』をはじめました。こちらもチェックしてもらえると嬉しいです。

Qeticの最新情報をチェック!

友だち追加数