下衆の愛
FILM

芸能界ゲス事情が描かれる映画『下衆の愛』海外メディアで話題

0

近頃、連続して世間を賑わしている日本の“ゲス”ニュースに、海外メディアが関心を寄せています。手始めに、イギリスの『ガーディアン』が不倫騒動を性差別だと報道し、100年以上の歴史を持つ英字新聞『ジャパンタイムズ』も大きく報じました。

記事では、一連の不倫騒動や、2016年4月公開の映画『下衆の愛』との関連について書かれ、“ゲス”というキーワードについて言及しています。『下衆の愛』は、日本の映画界の内幕を描く問題作で、枕営業をする女優や、権力の座にある監督やプロデューサーのパワハラなど、底辺のゲス事情を描いている作品です。そのキャッチコピーは“全員下衆”。コピー通りゲスな業界人たちの話となっています。

下衆の愛

記事では、日本の芸能界のあり方にも言及しており、海外メディアがこれほど“ゲス”を取り上げたのは初めてです。『下衆の愛』は世界有数の映画祭、<ロッテルダム国際映画祭>でも上映され、会場では映画の内容について、多くの質問が飛びました。とくに女優の人権の低さに対する疑問が多かったとのことで、そんな反応を受けてか、2016年3月17日(木)には急遽、外国特派員協会での上映が決定しました。不思議な日本語“ゲス”という言葉が、今後さらに海外メディアの注目を集めそうです。

下衆の愛

下衆の愛

映画『下衆の愛』は、カルト俳優・渋川清彦を主演に迎え、映画シーンの底辺に巣食う下衆な人々の葛藤を描いたドラマ。ひとりの純真な新人女優が、ゲス監督やプロデューサー、ライバル女優たちに食い物にされながらも、のし上がっていく姿を描く。映画界に巣食うゲスの面々、自堕落な監督、すぐ裸にさせたがるプロデューサー、仲間を売る女衒俳優、枕営業の女優など、愛しくも悲しい日本映画界の底辺が描かれています。でんでん、木下ほうか、津田寛治ら日本映画界を支える個性派俳優たちが熱演。<東京国際映画祭>、<ロッテルダム国際映画祭>で上映され、すでに世界10ヶ国での映画祭上映が決定している話題作です。

下衆の愛

下衆の愛

2016年4月2日(土)よりテアトル新宿ほか、全国順次公開


監督、脚本:内田英治
プロデューサー:アダム・トレル
ラインプロデューサー:田口梓
アシスタントプロデューサー:井上翔太、藤井宏二
キャスト:渋川清、でんでん、忍成修吾、岡野真也、内田慈、津田寛治、木下ほうか、古舘寛治、細田善彦、山崎祥江、川上奈々美、マツモトクラブ、新井雅人、後藤ユウミ、桜まゆみ、平岡亜紀、谷手人、伊東紅
製作年:2015年
製作国:日本
上映時間:110分

詳細はこちら

edit by Qetic・Daiki Hayashi

Qetic編集部

編集部

Qetic(けてぃっく)は、国内外の最新カルチャーニュースを配信中!今、世界で話題となっている音楽や映画、ファッション情報からネットを騒がすゴシップまで、あらゆる世代の興味を沸かせる情報をお届けしつつ、時代に口髭を生やすニュースメディアです。 ただいま、編集アシスタント・ライター・カメラマン募集中!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Qeticの最新情報をお届けします。