8e91968784c821d668da2ac484d92f4f

ココはメスのローランドゴリラ。
生後3ヶ月で病気にかかっている時に、パターソン博士と出会い手話を教わりました。
そしてなんと1000語もの単語を習得したココは、手話でパターソン博士と会話ができるようにまでなりました。
例えば、虫歯で歯が痛いことをココは手話で伝えて、治療してもらったりしています。

以下の動画で、ココの手話の様子がわかります。

そしてココとの対話により、人類は、人間以外の動物が何を感じ何を考えているのか、初めて知ることになったのです。

例えば有名なお話として、ココと子猫のボールの話があります。
パターソン博士は、ココにたくさんの絵本を手話で読み聞かせてあげました。
ココは猫の絵本がすごく気に入って、誕生部プレゼントに猫をおねだりしたのだそうです。
3匹の子猫を見せると、その中から自分と同じようにしっぽのない1匹を選び、母親のように体を舐めてやったりしてすごく可愛がったのだそうです。
子猫に「ボール」という名前をつけて、とてもとても可愛がっていたのですが、ある日ボールは車にひかれてしまって亡くなってしまいました。

その話を手話で聞いたココは・・・
なんとボールの死を理解し、とても悲しいと手話で話したのです。ではココは死をどのようなものだと認識しているのでしょうか。

ココが研究者ムーリンと「死」について会話した内容を以下に記載します。

「死」について会話した内容は次のとおりです

ムー:念を押しますよ、このゴリラは生きているの、それとも死んでいる?

ココ:死んでいる さようなら。

ムー:ゴリラは死ぬとき、どう感じるかしら?

--しあわせ、かなしい、それとも怖い?

ココ:眠る。

ムー:ゴリラは死ぬと、どこにいくの?

ココ:苦労のない 穴に さようなら。

ムー:いつゴリラは死ぬの?

ココ:年とり 病気で。

 
 
どうですか
僕はこの部分を読んだとき
身震いしたのを覚えています
人間と同じじゃないか と
ちなみに手話の素は英語です

「苦労のない 穴に さようなら。」

の原文は

“Comfortable hole bye.”

となっているようです

良い言葉ですね
 
「苦労のない 穴に さようなら。」

いずれは僕も

「眠る」 そして

「苦労のない 穴に さようなら。」

といきたいものです

 
ps 出展は竹内久美子著『パラサイト日本人論-ウイルスがつくった日本のこころ』

第三章 日本人の死生観-p111: 私は象ゴリラ-類人猿の死生観

ps 出展は竹内久美子著『パラサイト日本人論-ウイルスがつくった日本のこころ』

第三章 日本人の死生観-p111: 私は象ゴリラ-類人猿の死生観

引用元:ゴリラの死生観 | coach-bali