情報を共有したいので、この写真を載せます。
昨日、宮城に行っていたのですが、これ、石巻市雄勝中学校の給食なんです。
これで全部です。

石巻は大きなダメージを受けた被災地ですが、現在では食料はすでに充分行き渡ってます。

充分すぎる食料がある避難所もあります。
では、なぜ給食がこんな状態かというと、行政側の言い分では『給食センターが復旧しないから』とのこと。さらに、この状態は、あと1年ほど続くと見られています。
給食センターが学校に給食を供給するというのは、平時での基本ですが、今は緊急事態ですよね。どうしてこんな時にまでタテマエにこだわっているのか。。。この写真に写っているもので290円だそうです。センターがダメなら、地元のお弁当屋さんを使ったら、お弁当やさんも助かるし、一石二鳥だと思うんです。
育ち盛りの中学生、しかも、生活は避難所か仮設住宅、とても過酷な状況にいる子供たちです。いくらなんでも。。。
以前、行政側は、ボランティアは足りていると言いました。でも、実際にはまったく足りていません。それは『管理しきれないから』という理由でした。
行政側もあっぷあっぷなので、仕方ないとは思います。
でも、それならば、行政のそういった業務を支援するボランティアというのはできないのかな?
せめて、とりあえずは、この中学校の子供たちに普通のお昼ご飯を提供できる方法はないのでしょうか?だれかそっち方面に強い方いないかな?

source :  Katsumi Hirabayashiさんの写真 – ウォールの写真




学校側が行政に問い合わせをしたところ、 給食センターの被災していて、あと1年間くらいはこの状況が続くとの事。。   近くの商店・コンビニでは普通に食材・お弁当が流通しているのに、 単価290円の給食がこれとは信じられません。   縦割り行政の、良くない部分が露骨に出てしまっていると思います。

たとえば近所のお弁当屋さん、食料品店でも(普通に仕入れはすでに始まっているとの事なので)量がまとまれば同じ金額でもっと栄養価の高く・バランスの取れたお弁当は絶対出来るはずです。

source : Shigeki Takahashi’s Photos – Wall Photos (1)

RANKING

SHARE

DAILY

WEEKLY