時代に口髭を生やすウェブマガジン “けてぃっく”

時代に口髭を生やすウェブマガジン Qetic(けてぃっく)

プレゼント応募

Twitter

 

引用元:ジョン・タイター(Wiki)

2000年11月2日、米国の大手ネット掲示板に、2036年からやってきたと自称する男性が書き込みを行った。

男性はジョン・タイターと名乗り、複数の掲示板やチャットでのやりとりを通じて、タイムトラベルの理論や自身のいた未来に関する状況、未来人である証拠などを提示していった。(その過程でアップロードされた資料は、 現在も閲覧可能である)

タイターは、最初の書き込みから約4か月後の2001年3月に「予定の任務を完了した」との言葉を残し書き込みをやめ、現在は消息を絶っている。また、2003年に アメリカで発行された、タイターの発言ログをまとめた書籍「JOHN TITOR A TIME TRAVELER’S TALE」にはタイターの母親を名乗る人物から寄せられた手紙や、彼女からタイターに関する全資料を受け取った弁護士の話などが掲載されている。母親を名 乗るこの人物は、ジョン・タイターが自分の息子であることは否定していないものの、平穏な生活を送りたいとの理由から彼との関係の一切を断ちたいと語っている。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

既に実現したとされる予言

・イラクが核兵器を隠しているという理由で第2次湾岸戦争が勃発、核兵器は発見されない。

→2003年にイラク戦争勃発。核兵器も見つからず。

・アメリカ国内にも狂牛病が発生する。

→2003年12月ワシントン州において狂牛病第1号が発見。

・中国人が宇宙に進出する。

→2003年10月中国初の有人宇宙船「神船5号」打ち上げ。

・新しいローマ法王が誕生する。

→2005年4月パウロ2世が死去、新たに第265代法王ベネディクト16世が選出。

・アメリカの内政悪化(イラク戦争やハリケーン被災者救援対策の遅れから、アメリカ内政悪化)

→2005年8月末にアメリカ南東部を「ハリケーン・カトリーナ」が発生。

・IBM5100は、APLやBASICが普及する前に書かれたIBMのプログラミング言語も解読できる事が判明する。

→IBM社元エンジニアのボブ・ダブック氏のインタビューで、この事実を認めており、ジョン・タイターが、この極秘情報をどうやって入手したのか不思議がっていたとの声も。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事へのコメント
  1. ジョン・タイターは日本に興味あったん?
    中東の方が問題じゃないかい

  2. 人間がどんな行動しようが地震や偶発的な天体現象等は変えられない
    それらを進言したほうがいい。
    未来でこれ見たなら先の事例を書き込めよ。

  3. これ書いた奴頭大丈夫だろうか
    二つの新生国に挟まれてある「政府管轄区域立ち入り禁止」
    政府ってどこの政府だよ笑
    今の日本から新生国を省いた日本の継承国だとしたら、日本人はこの赤線の外でなおかつかつての海域のどっかに浮かんでんのか

  4. ジョン・タイターが予言した2020年の日本地図が現実になりそうな件 http://t.co/g7ul9bOxY2

  5. http://t.co/dcKKjfk8rV
    当たったとする予言はいつか起こっておかしくないもので、期限を切っていないものばかりです。 期限を切ったものは当たっていないというべきです。 そこらの凡百の似非預言者と同レベルと思います。

  6. ジョンタイターがこの時間軸に来て、この時間の人たちに話したことによって、世界線が変わり、世界線が変わったことによって起きた変化より後が改変されたなら、ジョンタイターはこの世界の人に事実を伝えた時点で未来の出来が変わりそれが一致しなければ、永遠と説明をつずけても永遠と変わり続けることになる。
    つまり未来からこの時間軸に干渉しようとすると確実に事実を言い当てられなくなるのではないか?

  7. 捏造だそうです >ジョン・タイターが予言した2020年の日本地図が現実になりそうな件 http://t.co/8sDivvebjD

  8. ジョン・タイターが予言した2020年の日本地図が現実になりそうな件 http://t.co/RD8zi0DtgB

2 total pingbacks on this post
  1. 尖閣諸島をめぐる緊張と日中戦争 | 創造の館
  2. ジョン・タイターが予言した2020年の日本地図が現実になりそうな件 « ユニティ・デザインのブログ
コメントフォーム

ニックネームを入力してください

メッセージを入力してください。