Mikiya Komaba

ライター

映画美学校 音楽美学講座卒業。美学校 音楽コース卒業。Protools、バークリーメソッド、20世紀の音楽の歴史、批評、サウンド・デザイン、Native Instruments Reaktor、等について学ぶ。FALCON-106名義で、itunes、bandcamp等から、エレクトロニック・ミュージックとミリタリー・テイストを融合したアルバムをコンスタントに発表し、都内クラブにてライブ活動中。ブログにて、DAWソフト、Maschineの使用ガイドや、ディスクレビュー等を書いている。

TECHNOLOGY

ローランドが80年代に発売し、テクノ・ハウス系ユーザーに人気が高かった『JUNO-106』のサウンドと魅力

ローランドが1984年に発売し、テクノ・ハウス系ユーザーにとても人気の高かったシンセサイザー『JUNO-106』(ジュノ・イチマルロク)を今回ご紹介したいと思います。

51
TECHNOLOGY

往年のアナログ・シンセ、コルグ 『MS-10』とルーパーを組み合わせた演奏。その魅力

1963年に創業し、シンセサイザーや電子ピアノ、DJ機器、VJ機器やデジタル・レコーダー、エフェクター、チューナーなど、さまざまな電子楽器を製造、販売する事で知られる、株式会社コルグ。

16
TECHNOLOGY

80年代にローランドが発売した人気のアナログ・シンセ、ローランド『SH-101』の演奏と、その魅力。

シンセサイザー、電子ピアノ、電子オルガン、電子ドラム、ギターアンプなど、様々な製品を開発、販売し、日本を代表する楽器メーカーとして知られる、ローランド株式会社。そのローランドから80年代に発売されたシンセサイザー、『SH-101』をご紹介したいと思います。

36
TECHNOLOGY

80年代にモーグから入門機として発売された『Moog Prodigy』の演奏と、アナログ・シンセの魅力

今回ご紹介する『Moog Prodigy』(モーグ・プロディジー)は、モーグから1979年~1984年頃にかけて販売され、お手頃な価格とシンプルな設計でエレクトロニック系のミュージシャンに人気があり、入門機に適したモデルでした。

37
TECHNOLOGY

レトロなオーラを放つ、子供用ミニ・シンセサイザー!『Stylophone』を演奏してみた

『Stylophone』は、1970年代にイギリスの『Dub Req社』が発売した小型のキーボードで、金属で出来た平面のキーボードに、真鍮のペンの先端でタッチすると内部スピーカーから音が出て、メロディーを奏でる事が出来るんですよ!

26
TECHNOLOGY

電卓サイズのドラム・マシン!Teenage Engineeringの『PO-12 rhythm』をデモ演奏してみた。

ストックホルムに本社を置き、ユニークなガジェット・タイプの電子楽器を発表する事で知られる「Teenage Engineering」から、電卓のようなルックスのシンセサイザー、Pocket Operatorシリーズ(以下、POシリーズ)が2015年に発売されたのは記憶に新しいところです。

25
TECHNOLOGY

アイデア次第で色々使える!ポケット・サイズ・シンセサイザー『Patchblocks』でデモ演奏してみた

ドイツのメーカー、Mind Flood社から、なんとも興味深いシンセサイザーが発売されました。その名も「Patchblocks」! 今回、買おうかと思っている方や、どんなものか興味がある方に向けて、実際に「Patchblocks」を使用してみたレポートを、お届けしたいと思います!

36
TECHNOLOGY

簡単にレコードからMP3を録音できる!カセット・テープ型レコーダーReloop『Tape』を使用してみた

今回、購入を考えている方や、操作方法に興味がある方に向けて、実際にReloopの『TAPE』を使用してみたレポートを、お届けしたいと思います!

153
TECHNOLOGY

近未来を感じさせるレトロなデザインのQWERKY WRITERがカッコいい件

なにやら1940年代のアナログな装置を彷彿とさせるレトロな物体……。これ、いったいなんだと思いますか?

73
TECHNOLOGY

簡単操作で往年のカッコいいFMサウンドが作れる。『KORG volca fm』がコンパクトすぎる!

コンパクトなボディーにパラメーターやシーケンサーを装備し、直感的な操作で多彩なサウンドやグルーヴを簡単に作れてしまう、今人気の「KORG volca(ヴォルカ)シリーズ」に新たな仲間が加わりました。その名も『volca fm』(ヴォルカ エフエム)!

26
TECHNOLOGY

あの懐かしのアーケード・ゲームをもう一度!日本科学未来館の企画展<GAME ON ~ゲームってなんでおもしろい?~>に行ってきた。

日本科学未来館で開催中の、<企画展「GAME ON ~ゲームってなんでおもしろい?~」(以下、GAME ON)>の潜入レポをお届け! 会場には懐かしいアーケード・ビデオ・ゲーム機や、家庭用ゲーム機が大集合。見逃す訳にはいかない!!

0
TECHNOLOGY

演奏を自在にコントロール出来る、新次元のキーボード ROLI Seaboard Rise!

ソフトウェア・シンセサイザー、Equatorは、なんとROLIチームが独自に開発したもの。収録されているサウンドは、RISEのマルチ・ディメンショナルな表現にマッチした仕様になっています。

0
ブスNY行きたい族 03

RANKING

DAILY

WEEKLY

MONTHLY

Qetic Facebook